ほうれい線に効くからって化粧水だけには頼らない

これからは子供の保育園 > ほうれい線 > ほうれい線に効くからって化粧水だけには頼らない

ほうれい線に効くからって化粧水だけには頼らない

2016年7月27日(水曜日) テーマ:ほうれい線

「なんだかおばさん顔になってきたな~」と鏡を見ながら思うことはありませんか。おばさん顔の原因はもしかしたら、ほうれい線かもしれません。肌がたるむとほうれい線が目立つようになります。もう一つおまけに、毛穴もだらーんと下に細長く伸びたような形になって目立つようにもなります。よく、肌がたるむことを「重力に逆らえなくなってきた」という言い方をしますが、重力が肌を下に引っ張っているのではなく、肌の下の今まで支えてきた組織が、支えられなくなって肌がたるんでしまうのです。

 

ほうれい線に効く化粧水を使いつつ

 

衰えを感じたときには鍛えるのがいいですよね。顔の体操もたくさんあります。ほうれい線を目立たなくさせるものもありますよね。毎日続けるときっと効果が出ると思います。でも、毎日続けるのを忘れてしまうことがありますよね。うっかりしていたり、面倒になってしまったり。そういうときは化粧水や化粧品に頼ることになります。衰えた組織を活性化させる化粧品、そういったものを使うとたるんだ肌や、支えきれなくなった肌に作用してくれると思います。ただ、化粧水で解決するから大丈夫だと高をくくってはいけません。化粧水と、生活習慣や体操など、自分のがんばりも大切だということを忘れてはいけません。